• ホーム
  • シアリスの効果や正しい服用の仕方とは?

シアリスの効果や正しい服用の仕方とは?

シアリスは、約36時間(20mg錠)という圧倒的な効果持続時間をもっています。
薬のメカニズムは、体内で作られる血管拡張物質を壊してしまうPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを抑えて、血管拡張を促します。
ED(勃起障害)はペニスに血液が流れこみにくくなることで起こりますから、血液の量を増やすことで勃起をさせやすくします。
シアリスは効果持続時間が長いので、ゆっくりとSEXをしたいという人に向いています。基本的には動脈硬化などが原因の器質性EDに対して有意に効きますが、ストレスやプレッシャーによる心因性EDにもプラスの改善効果が見込めるとされています。
シアリスは従来までのED治療薬に比べると、食事の影響を受けにくくなっています。メーカーによる発表では、800kcal以内の食事であれば食事の影響を受けにくいと説明されています。
ただし、脂っこい食事をとった後では食べたものの消化が遅れて胃に滞るため、シアリスの有効成分が吸収されにくくなる可能性があります。なので、たとえ800kcal以内でもさっぱりした消化に優しいものを食べるようにしましょう。うどんなどがオススメです。
食事の影響を受けにくいとはされていますが、効果を早く明確に出したいのであれば、空腹時に飲むのがベストです。
シアリスは、SEXに及ぶ3~4時間前に飲みます。人によって、体調によって吸収される速度が1~4倍の開きがあるので、余裕を持って服用しましょう。
1日の服用は1回として、服用間隔は10mg錠、20mg錠ともに24時間以上はあけるようにします。
飲むときは水で飲むのがベストです。お酒は禁止ではありませんが、飲み過ぎると薬の効果を弱めてしまったり、ひどい二日酔いを引き起こす恐れがあります。

関連記事